トップページ > 若手社員座談会

若手社員座談会

若手社員座談会 メイン

2018年に入社した若手社員4名に
入社の理由や仕事の楽しさ、
当社の魅力などを聞きました。

座談会メンバー 中村さん

[2018年入社]

空調技術部中村 吉成

座談会メンバー 中村さん

[2018年入社]

空調技術部戸田 恵梨菜(仮名)

座談会メンバー 中村さん

[2018年入社]

空調技術部布施 裕太

座談会メンバー 中村さん

[2018年入社]

電設技術部藤野 学

布 施

今回の座談会は私が進行をさせていただきます!
まずはみんなの入社のきっかけを教えてください。

藤 野

私は大学の学部が電気系ということもあり、就活では電気関係の仕事に就くことを考えていました。出身の北陸の企業を調べたところ、当社の事業内容の幅広さが目に止まりました。さっそく就職活動を開始したものの、当時は千葉で大学生活を送っていたので、とにかく移動が大変だったことを覚えています。

戸 田

私も当社については、電気、空調、環境など主要事業が印象に残りました。さらに調べてみると、どの事業も業界における評価が高く、とてもレベルの高い会社だと分かりました。個人的には地元で働きたいということも決め手となりました。結局、就活は当社1本で進めました。

座談会の様子
布 施

私は学生の頃、とにかく営業をやりたかったので、業界を絞らずにさまざまな企業の採用担当者に話を聞くことから始めました。その中で出会った当社の人事担当の真摯な対応が良かった。私の場合、工事関連の業界で働いていた父の存在も大きくて、何十年もずっと残るような仕事に携われることの喜びや誇りを日頃から聞いていたことも、進路を決める上で大きかったと思います。

中 村

実は私も当社の会社説明会での「地図に残る仕事」に魅力を感じた一人です。学生時代は物理を専攻していたのですが、「将来役に立つのか?」と漠然と不安を抱えていました。ただ、柿本商会のことを知ってからは、現場で流体力学や熱力学等の知識を活かせるかなと前向きに考えるようになりました。

布 施

では現在、どのような仕事を担当していますか?

藤 野

行政関連の事務所や美術館などいわゆるハコモノと、浄水所や下水処理施設などプラントの電気工事を担当する機会が多いです。現場では先輩の指示で動くこともありますし、規模によっては現場代理人を任せられることもあります。新規で電気関連の設備を取り付けたり、既存の設備を新しいものに置き換えたりと、入社してまだ日は浅いですが、早くも多くの経験をさせてもらっています。

布 施

私は金沢市内の新築ホテルで空調設備の試運転や材料の搬入・移動、現場の画像撮影など、若手ならではの業務を担当しています。施工管理として業務中は工事について学ぶことを常に意識しています。職人さんの作業を観察することや手伝いをすることで、みなさんがどのような仕事・作業をするのかを覚えるなど、現場を進めるために必要な業務を全て理解することも、今の私にとっては大切な仕事だと捉えています。

座談会の様子
中 村

私は最近まで大手建材メーカーの工場で空調機の更新を担当していました。その工場では設備の入れ替えに伴う空調機の移設や、ダクトと配管の設計、施工を一手に担いました。当社の場合、規模の小さい現場から経験を積めるので、徐々にレベルが上がることを実感できます。先輩がいる現場に入った時は、丁寧に指導を受けることもできますし、成長の機会はたくさんあります。

戸 田

私は皆さんとは違って設計をメインに担当し、現場にはあまり行くことはないです。さらに所属する支店が担当する施工現場が大詰めに入ると、施工管理の皆さんの業務が円滑に進むよう協力業者さんの情報をまとめた書類を作成したり、図面を修正したり、雑用があれば進んで引き受けたりと、現場のアシスト役も務めています。

中 村 布 施 藤 野

いいなぁ。自分たちの現場にも来てほしい(笑)

藤 野

そういった現場の補助してくれる人がいたら、すごく助かる!戸田さんの現場の人たち、羨ましいです。

布 施

皆さんもきっと同じでしょうが、私たちの仕事のやりがいは、建物が完成したときに尽きると思います。最初に担当したホテルで調整をしたエアコンが動き、お湯が出たときは、本当に感動しました。施工後にホテルの近くを通ると、多くのお客様が入っていくのをみて、私たちが担当した設備で快適に過ごしているのだなと思うことが、日々の頑張りにつながっています。

藤 野

完成した時もいいけど、完成後に自分の取り付けた設備が使われているのを知ると、本当に励みになります。以前、観光地にライブカメラを取り付けたときは工期が迫る中、必要な資材を早く納入してもらうよう業者と交渉を重ねるなど本当に苦労しましたが、そのカメラが現在テレビ放送の天気予報や動画配信サービスなどあらゆる場面で活用されていて、自分の仕事が世の役に立っていることを実感できました。

座談会の様子
中 村

完成後もそうですが、仕事中にも楽しさを感じる瞬間は多々あります。自分の場合は図面通りにダクトや配管などを施工すること。ただ、自分ではうまくできたつもりでも、後日先輩からメンテナンスの観点で、さらに良くするためのアドバイスを受けることもあり、楽しさと同時に奥深さを感じることも多いですね。

戸 田

設計中もそうです。まだ何も設備が書き込まれていない状態の図面に、空調機を置いて、配管をつないでと、自分の手で快適な空間を作り上げることに面白さを感じています。もちろん、上司や先輩に直されることもありますが、入社して図面を書くことがさらに好きになりました。現場のアシスタントに入ったときは、先輩からの感謝の声がありがたいです。